トップページ > 伊勢湾流域の概要:海岸線

海岸線

海岸線の現状

都市化の進んだ湾奥の地域では、人工海岸が広がっています。湾口部に近いほど人工海岸が少なく、島が点在する鳥羽市付近では自然海岸が多く残されています。


出典:伊勢湾環境基本構想調査報告書1998:運輸省第五港湾建設局 の図を基に作成

※環境省による定義

海岸線の経年変化

伊勢湾では、沿岸の開発に伴って、自然海岸、半自然海岸が減少し、人工海岸が増加する傾向が見られます。三河湾も同様な傾向が見られます。


出典:環境自然環境局:第2回〜5回自然環境保全基礎調査(1978〜1998)を基に作成

護岸の建設について

昭和28年の13号台風及び昭和34年の伊勢湾台風後に復旧工事が行われて護岸が整備されましたが、その一方で人々が近づきにくくなりました。

伊勢湾台風 被災状況                            伊勢湾台風 復興後

出典:「昭和28年13号台風 海岸復興誌」(愛知県、昭和32年発行)

↑このページの先頭へ戻る