トップページ > 伊勢湾流域の環境:環境基準類型指定

伊勢湾海域では、水環境に関して水質の環境基準が設定されています。健康の保護については、人の健康の保護に関する基準(健康項目)が、生活環境については、生活環境の保全に関する基準(生活環境項目)があります。

環境基準類型指定

公共用水域では、生活環境の保全に関するCOD、DO、全窒素、全燐等の項目について、類型指定された海域ごとに環境基準値が設定されています。類型のあてはめは、国(環境省)が指定する水域と都道府県が指定する水域に分かれており、ここでは国が指定した環境基準の類型指定状況について示します。
また、水質汚濁防止法に基づき、陸域の河川や湖沼、海域において水質の状況を監視しています。公共用水域の水質調査地点では、経年的に水質の監視、把握が行なわれています。伊勢湾、三河湾でも同様に公共用水域の水質調査地点が多数設定されています。しかし、公共用水域での調査は月1回程度で、常時モニタリングが行なわれている訳ではありません。調査地点の水質をリアルタイムに把握するため、国土交通省中部地方整備局は伊勢湾の4地点に水質計を設置し、また三河湾でも同様に愛知県水産試験場がリアルタイム水質情報を配信しています。

  • ●COD、pH、DO、大腸菌群数、n-ヘキサン抽出物質等に関する類型指定図

  • ●全窒素、全燐に関する類型指定図

出典:公共用水域水質測定結果