トップページ > 伊勢湾流域の環境:水質

水質

汚濁負荷量の状況

 伊勢湾に流入する汚濁負荷量は、伊勢湾流域を包含する4県の人口推移とともに、1960年(昭和35年)代以降、 緩やかな増加傾向にあったと考えられます。しかし、算定データが得られている1980年(昭和55年)頃より、 汚濁負荷量はCOD(化学的酸素要求量)、T-N(全窒素)、T-P(全リン)ともに継続的に減少しており、総量規制 などの汚濁負荷量削減対策の効果が確認されています。

■伊勢湾における汚濁負荷量の推移

出典:発生負荷量管理等調査(環境省)(T-N、T-Pは平成6年以前は推定値)

調査地点について

水質の調査地点は下記のとおりです。

出典:公共用水域水質結果:環境省1976〜2016のデータを基に作成



↑このページの先頭へ戻る