トップページ > 伊勢湾流域の環境:災害

伊勢湾流域の概要:災害

・わが国最大のゼロメートル地帯が濃尾平野に広がっています。1953年(昭和28年)の台風13号、1959年(昭和34年)の伊勢湾台風による沿岸域での甚大な被害を契機に、海岸堤防や河口部の高潮堤防が築造されました。

・海岸堤防の大半は、築造後50年が経過し老朽化しています。そのため、高潮や地震発生後における台風の襲来等の複合災害時における保全施設としての機能低下が懸念され、対策が進められています。

台風13号(1953年(昭和28年)9月22日〜9月26日)

愛知県に上陸、東海、近畿、北陸で大きな被害
死者393名、行方不明者85名、負傷者2,559名、住家全壊8,604棟、半壊17,467棟
床上浸水144,300棟、床下浸水351,575棟など(消防白書より)


9月18日にグアム島の南東海上で発生した台風第13号は、22日になって急速に発達し、非常に強い勢力を保ったまま北緯30度まで北上した。 その後はやや衰えたが、25日17時に三重県志摩半島を横断し、伊勢湾を経て18時半頃愛知県知多半島に上陸した。 21時には長野県諏訪市付近、26日00時に新潟市の東を通って、06時には三陸沖に進んだ。  
四国から関東地方にかけての広い範囲で20〜30m/sの最大風速を観測した。 また、期間降水量は舞鶴(京都府舞鶴市)で507.0mmに達したほか、四国、近畿、東海、北陸地方で200mmを超えた。
台風の進路に当たった地方では暴風雨により被害が続出し、中でも愛知、三重、京都、滋賀、大阪、福井の各府県では甚大な被害が発生した。

 

出典:気象庁(災害をもたらした気象事例)
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/data/bosai/report/1953/19530922/19530922.html

伊勢湾台風

高潮による被害顕著、台風による死者・行方不明者最大。
死者4,697名、行方不明者401名、負傷者38,921名
住家全壊40,838棟、半壊113,052棟
床上浸水157,858棟、床下浸水205,753棟など(消防白書より)


9月21日にマリアナ諸島の東海上で発生した台風第15号は、中心気圧が1日に91hPa下がるなど猛烈に発達し、非常に広い暴風域を伴った。 最盛期を過ぎた後もあまり衰えることなく北上し、26日18時頃和歌山県潮岬の西に上陸した。 上陸後6時間余りで本州を縦断、富山市の東から日本海に進み、北陸、東北地方の日本海沿いを北上し、東北地方北部を通って太平洋側に出た。
勢力が強く暴風域も広かったため、広い範囲で強風が吹き、伊良湖(愛知県渥美町)で最大風速45.4m/s(最大瞬間風速55.3m/s)、名古屋で37.0m/s(同45.7m/s)を観測するなど、九州から北海道にかけてのほぼ全国で20m/sを超える最大風速と30m/sを超える最大瞬間風速を観測した。
紀伊半島沿岸一帯と伊勢湾沿岸では高潮、強風、河川の氾濫により甚大な被害を受け、特に愛知県では、名古屋市や弥富町、知多半島で激しい暴風雨の下、高潮により短時間のうちに大規模な浸水が起こり、死者・行方不明者が3,300名以上に達する大きな被害となった。 また、三重県では桑名市などで同様に高潮の被害を受け、死者・行方不明者が1,200名以上となった。この他、台風が通過した奈良県や岐阜県でも、それぞれ100名前後の死者・行方不明者があった。

出典:気象庁(災害をもたらした気象事例)
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/data/bosai/report/1959/19590926/19590926.html


昭和28年13号台風(常滑市大野町):昭和28年9月           昭和28年13号台風(海内町):昭和28年9月

出典:「昭和二十八年十三号台風 海岸復興誌」(愛知県、昭和32年発行)


伊勢湾台風後の様子


出典:国土交通省中部地方整備局 木曽川下流河川事務所


■浸水区域図

出典:伊勢湾再生行動計画(第二回見直し版)H27.3、伊勢湾再生推進会議

↑このページの先頭へ戻る