トップページ > 伊勢湾流域の環境:レクリエーション > 歴史・文化遺産

歴史・文化遺産

伊勢湾は、古くから漁業や交易などの海域の利用が活発に行われており、沿岸部には「湊・渡し場跡」「常夜灯・灯台」「歌碑、文学記念物」などの様々な文化遺産が存在しています。特に名古屋市、知多半島の周辺や伊勢湾湾口部に多く立地しています。

■歴史・文化遺産分布図

出典:
伊勢湾総合対策協議会:伊勢湾データ集2002の図を基に作成
(常夜灯)観光三重、(灯台)観光三重、(海辺の文学記念館)観光交流立市がまごおり

↑このページの先頭へ戻る