トップページ > 伊勢湾流域の環境:レクリエーション > 寺社・史跡

寺社・史跡

 伊勢湾は、古くから信仰の対象としても重要視されており、沿岸部には海と関わりのある「神社・寺・山」などが残されています。特に名古屋市、知多半島、志摩半島の周辺部に多く立地しています。

■寺社・史跡分布図

出典:伊勢湾総合対策協議会:伊勢湾データ集2002の図を基に作成

↑このページの先頭へ戻る