トップページ > 駿河湾流域の環境:産業 > 主要港貨物量の推移

主要港貨物量の推移

 平成20年9月のリーマンショックの影響で、清水港、御前崎港および田子の浦港は平成21年に大きく減少している。翌年には増加したが、その後は緩やかに減少傾向にある。また、田子の浦はリーマンショックの落ちこみから回復しないまま低迷を続けています。

■主要港湾の位置

出典:国土数値情報を基に作成


■取扱貨物推移グラフ

出典:
清水港 清水統計月報
御前崎港 御前崎港統計資料
田子の浦 田子の浦港統計資料

↑このページの先頭へ戻る