トップページ > 駿河湾流域の環境:産業 > 主要港貨物品目割合

主要港貨物品目割合

 清水港ではLNG(液化天然ガス)や化学薬品の輸入が多いため、化学工業品が取扱貨物の約半分の割合を占めています。同様に、田子の浦港においても化学工業品の割合が高くなっています。御前崎港では、自動車輸出拠点であることから、金属機械工業品の割合が高くなっています。

■取扱貨物品目割合グラフ


出典:
清水港 清水港統計月報
田子の浦港 田子の浦港統計資料
御前崎港 御前崎港統計資料

↑このページの先頭へ戻る