伊勢湾観測・実験結果の可視化画像

水質環境モニタリング調査のDOの観測目的・方法

■水質環境モニタリング解析調査の目的
水質環境モニタリング解析調査の調査地点  国土交通省中部地方整備局名古屋港湾事務所所属の船舶「白龍」を用いて、伊勢湾・三河湾の水質環境を把握するために実施されたものです。

■DOの観測方法
DO(溶存酸素量)の観測方法
海  域 伊勢湾・三河湾
観測期間 平成27年度 : 平成27年 4月〜 平成28年3月
観測頻度 平成27年度 : 毎月1回観測地点を変えて17回
観測地点数 7 地点
観測層 鉛直測定:表層(水面下0.5m)、水面下2m、水面下5m、
水面下10m、海底面上1mの計5層で観測
測定方法 船舶付属の多項目水質モニターによる測定

海洋環境整備船「白龍」について